会長挨拶

2018~2019年度 中津川ロータリークラブ クラブテーマ

会 長 林 彰

2018~2019年度 中津川RC
会長 田口 義也

『職業奉仕で育む ロータリーの和 』

2018~2019年度 中津川RC
会 長 田口 義也

 就任のご挨拶を申し上げます。

 創立60周年記念事業を終え、中津川ロータリークラブが実践して来た「奉仕の理想」の歴史と伝統を改めて痛感致しました。クラブメンバーとして一人のロータリアンとして、職業人として共通の意識を持ち、自らが率先して一つの歯車となり職業奉仕活動を行なうことがロータリークラブだと考えています。  
2018-2019年度は、中津川ロータリークラブ会長として、会員相互の親睦を深め、出席率アップに努め、会員ひとり一人の地域社会奉仕を率先し進めて行くことが願いです。

 会員皆様方のご指導、ご鞭撻を糧に1年間精一杯つとめさせて頂く所存です、どうぞ宜しくお願い致します。
 
2018-2019年度国際ロータリー会長 バリー・ラシン Barry Rassinは「インスピレーションになろう“Be The Inspiration”」をテーマに掲げました。
ロータリーは夢想家ではなく、実行する人の集まりだから、世界での変化、地域社会での変化は、私たちが決して会うことのない人や、最愛の人を含め、すべてに影響します。それは、ロータリーの新しいビジョン声明をつくるためのインスピレーションとなりました。と述べられました。

2018-2019年度ガバナー 木村静之氏は「理念をかかげ 意欲を喚起し 共に行動」をテーマに掲げました。
「理念をかかげ」とは、職業奉仕という幹の中にある「奉仕の理念」をしっかりと掲げ、「人生の道場」である例会に出席すること。
「意欲を喚起し」とは、ロータリーでの感動体験を話し合い。そして、ロータリーの地域社会における奉仕と、世界における人道奉仕を世間に知ってもらうこと。
「共に行動」とはロータリーの仲間みんなで奉仕活動を実践しましょう。「世界を変える行動人」キャンペーンは、インパクトのある活動によって、ロータリーは変化をもたらすということを、世界に向かって宣言するものです。
 それはさらなる奉仕のインスピレーションとなるはずです。と述べられました。

さて今年度の中津川ロータリークラブのテーマは
「職業奉仕で育む ロータリーの和」 とさせて頂きました。
「職業奉仕で育む」とは、会員相互の職業の理念を共有し、奉仕の感動体験を例会をとおして実感し、自分自身が地域社会への奉仕活動を実践するロータリアンを実感出来るロータリーを目指すことです。
 「ロータリーの和」とは、私たちが行なう奉仕活動が地域社会の中で、持続可能な変化をもたらし、暮らしやすい社会が末永く続くことを望むことです。

ページ上部へ戻る