委員会

2019年〜20年度 中津川ロータリクラブ 運営組織図表

※画像クリックで拡大できます。

第62期 委員会事業計画

★情報・研修担当グループ  理事 市川 誠

〔会報発行委員会 委員長 委員長  市川 誠〕

基本方針

第62期クラブテーマ『広げよう奉仕の輪、輝こうロータリアン』に沿い、
会員の奉仕活動を伝える会報を発行し、会員相互の交流及び広報に寄与する。

活動計画

・ 会報の編集・発行(例会毎)
・ 会員の活動を正確に記録し、見やすい会報の企画・構成・監修・編集・発行する。
・ 会員相互の理解を深め、有益な情報共有ができる紙面の企画・構成を行う。
・ 会報をホームページに公開し、活動を広報する。
その際、個人情報に付いては特に留意する。
・ 会報及び記事・写真を電子データとして作成、保管する。
・ 例会卓話の実施 1回(12月19日)

〔情報・研修委員会 委員長  林 彰〕

基本方針

会長方針に沿いロータリー広報と雑誌の情報提供、及び会議研修を行う。

活動計画

・ 例会で「ロータリーの友」「月信」の紹介を行う。   担当 2名
・ 例会卓話 9月12日を予定する。         担当  名
・ 理事、新会員の研修を開催する。(各パスト会長担当) 担当 3名

★例会運営グループ 理事 原 眞平

〔例会運営委員会 委員長 委員長 原 眞平〕

活動計画

・ 年間事業のプログラムの企画・立案
・ 出席報告及び出欠管理を行い、出席率の向上に努める。
・ 例会、ロータリー事業の活性化、出席率向上について検討。
・ 例会での卓話

★会員奉仕担当グループ 理事 山本 亮

〔親睦委員会 委員長 山本 亮〕

基本方針

クラブテーマ「広げよう奉仕の輪、輝こうロータリアン」のもと、会員同士の親睦をより一層図り、積極的な情報交換ができるよう諸行事及び例会の会場設営を行う。

活動計画

・ 通常例会及び移動例会 35回(通常28回、移動7回)
・ ガバナー公式訪問3RC合同例会 9月9日(月)
・ CRC合同例会 9月19日(木)(主幹)
・ 四クラブゴルフコンペ 11月24日(日)ホスト:中津川RC、4月(未定)
・ 年次総会・忘年会
・ 新年家族例会
・ 3RC合同例会 ホスト:恵那RC
・ 家族例会 職業奉仕委員会との共催。キリンビール滋賀工場見学
・ 創立記念例会 6月11日

〔会員増強委員会 委員長 鳴海 伸明〕

基本方針

未来に向けて、中津川RCの活動の源となる新たな人材の確保に努めてまいります。

活動計画

・ 会員より新規会員の情報収集。
・ 純増3名以上を努力する。
・ 退会防止に努める。
・ 例会卓話を行う。

★職業奉仕担当グループ 理事 麦島 寛也

〔職業奉仕委員会 委員長 麦島 寛也〕

基本方針

職業を通して地域社会への奉仕と提言をする。

活動計画

・ 出前講座
中津川市立第二中学校2年生対象に授業を受け持つ。
月  日    時限と  時限
講師人数    人
職業奉仕グループ委員の参加    人
・ 職場訪問 2020年4月9日㈭
キリンビール滋賀工場見学、15:00~16:10 (入場無料)試飲出来るもの
(一番搾り生、一番搾り黒生、零ICHI、午後の紅茶ストレートティー、レモンミルクティー)
会員奉仕担当グループの事業(家族例会)とタイアップして行う。
彦根城の櫻見学・ディナー
・ 会員の健康診断 1月30日(木)例会前11:30~ 血液検査等(田口クリニック様の協力)
・ 例会卓話 2月27日(木) 健康診断の結果を踏まえて、田口医師による卓話

〔IDM委員会 委員長 市岡 孝之〕

基本方針

クラブテーマ「広げよう奉仕の輪、輝こうロータリアン」のもと、会員相互の親睦と情報交換の場を提供する。

活動計画

IDM(年4回)を開催し、出席者名簿を作成する
・ 参加対象者 毎回全会員を対象とする


無題ドキュメント

開催日
毎回出席義務者
出席義務者
1

7月25日(木)

18:30~

ぽっぽ

《役員》

吉川義康会長

間龍一郎副会長

鈴村正樹会場監督

安藤正樹幹事

田口義也直前会長

長野和夫会長エレクト

前野球重副幹事

麦島寛也職業奉仕担当理事

市岡孝之

波多野一夫

吉村和子

若森まり子

山本亮、小縣一夫、佐藤均、小川剛弘、武川典靖、吉田信助、亀山英孝、成瀬元伸、小林俊亮、内山武、小栗祐治、岡山彰宏、林栄治、渡辺雄生
2

12月5日(木)

18:30~

木曽路

三尾奉泰一郎、佐藤好哉、大鋸伸行、糸井川均、粥川正勝、前田雅生、吉村庸輔、嶋崎兼之、加藤景司、後藤大作、鈴木康之、小倉長門、原政幸
3

2月27日(木)

18:30~

勝宗

勝野安和、坂巻裕史、田口清男、中田智洋、酒井康孝、三宅正朗、松田幸博、大堀壽延、杉本潤、鈴木雅彦、桂川邦俊、土屋大二郎、鈴木正樹、垂見匡高、光岡要次郎
4

5月14日(木)

18:30~

未定

市川誠、鶴田温、林彰、原満夫、吉村敏博、鈴木力、原眞平、志津竜良、鳴海伸明、可児力、齋藤隆

★社会奉仕担当グループ 担当理事 理事 酒井 康孝

〔社会奉仕委員会 委員長 酒井 康孝〕

基本方針

中津川市の子供たちが健やかに、伸びやかに成長できる環境をつくる手助けをするために行うロータリー財団地区補助金事業「子どもの健やかな成長を願う〝子供の夢”支援事業」を中心に、地域活動委員会、子育て安心・広報委員会と連携を取り、合同で活動します。

活動計画

① 地区補助金事業「子供の健やかな成長を願う“子供の夢”支援事業」を行う。
1)11月3日㈰ 今西和夫氏講演「健全なる少年を育てるスポーツの大切さ(仮題)」他
11月4日(振休) 少年サッカー教室
2)3月28日㈯ 関正樹先生(大湫病院)講演「幼児期の育て方(仮題)」
② 特命担当と合同で例会卓話を行う。  9月26日㈭、3月26日㈭
③ 例会卓話を行う。          10月3日㈭

〔地域活動委員会 委員長 桂川 邦俊〕

基本方針

文化とスポーツに関する奉仕の推進を通じ、社会奉仕グループとして
地区補助金事業に協力する。
2. 活動計画
・ 東濃歌舞伎鑑賞例会の実施
・ 卓話の実施
・ 社会奉仕グループとしての事業に協力

★国際奉仕担当グループ 理事 三尾 泰一郎

〔国際交流委員会 委員長 三尾 泰一郎〕

基本方針

当クラブは、台湾三重扶輪社と1969年に姉妹提携の調印を交わし これまで素晴らしい交流を深めてまいりました。
近年では両クラブの周年事業があり、互いを行き来する事で更に絆が深まっています。
このような状況の中、本年は姉妹提携50年という節目の年を迎えます。
次代に向けて更に友情を深め、中津川ロータリークラブと三重扶輪社ならではの国際奉仕活動を推進し、国際交流と親善活動に努めます。

活動計画

・会員卓話       10月 11日
・三重扶輪社歓迎例会 11月 15日
・財団担当委員会、米山奨学委員会との連携

〔財団担当委員会 委員長 吉村 庸輔〕

基本方針

ロータリーに参加する理由の一つに、誰もが「活動を通じて他者に奉仕すること」を挙げると思います。当委員会では、ロータリー財団を中心とした世界に向けた奉仕活動の実績と成果を学び、寄付金一人当たり100%以上を推進し、さらに年次寄付額150ドルの意義について理解を深めます。また、補助金活用事業については、次代を創る子供達が、地域の先人 前田青邨画伯の偉業に触れ、郷土に対する誇りと芸術文化に対する広い視野を育むことを目的として、「ふるさとの中津川の先人 -前田 青邨」プロジェクトを申請し認定されました。この事業の円滑な遂行に向けて取り組む とともに、さらに61期に向けて補助金申請の準備を進めます。会員の皆様の御理解と御協力をお願い致します。

活動計画

・ 三重扶輪社訪問 10月18日~20日
・ 会員卓話
・ 財団担当委員会、米山奨学委員会との連携
[財団担当委員会 委員長 吉村 庸輔]
1. 基本方針
誰もが「活動を通じて他者に奉仕すること」を、ロータリーの参加理由に、挙げると思います。
当委員会では、ロータリー財団を中心とした世界に向けた奉仕活動の実績と成果を学び、
寄付金一人当たり100%以上を推進し、年次寄付額150ドルの意義について理解を深めます。
また、補助金活用事業は、中津川市子供子育て支援事業とタイアップし、子供・親達にスポーツを通じて「夢」「仲間の大切さ」を学び、技術力向上を図る事業について、認定を受けました。
この事業の円滑な遂行に向けて取り組むとともに、63期に向けた補助金申請の準備を進めます。
会員の皆様の御理解と御協力をお願い致します。

〔米山奨学委員会 委員長 加藤 景司〕

基本方針

米山奨学事業の理解と協力を図り、情報提供と共に歴史を伝える。

活動計画

・ 例会(10/24)卓話

★特命担当グループ 鈴木 康之

〔子育て安心・広報委員会 委員長 鈴木 康之〕

基本方針

地区補助金事業「子どもの健やかな成長を願う”子どもの夢”支援事業」を社会奉仕委員会と連携して行い、中津川ロータリークラブが行うその他事業とともに、広く地域の方々に認知して頂けるよう活動し、ロータリークラブの公共イメージと認知度の向上を図る。

活動計画

・ 各新聞社に当クラブ事業を記事として取り上げてもらう 懇談会の開催(7月頃)
・ 地区補助金事業を社会奉仕委員会と連携して行う 11月3日㈰・4日㈪ / 3月28日㈯
・ 例会卓話の実施 9月26日㈭普通例会 / 3月26日㈭普通例会

ページ上部へ戻る